読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドリッシュセブンはもうやりません

書きたくて書いているだけです。感想頂いてもお返事はしません。申し訳ないです。

私がアイドリッシュセブンを嫌いだという気持ちに、少し説明を加えただけの文です。主張したいことなどはありません。ただの自分語りです。文才もありませんし面白味はありません。

 

また、パクリなどの疑惑に関しての内容はあくまでも私の勝手な考えで、疑惑を決定づけるものではございません。疑惑を見た個人の感想です。

 

以上のことを踏まえて、特にパクリ否定派の方はおそらく気分の悪くなる文だと思いますがそれでもいい方はお好きにお読みください。

 

 

私は、年明けくらいからのアイナナユーザーでした。ド新規です。

 

元々はスクフェスユーザー。 リズムゲームがとにかく好きで、

新規開拓したいな…男性アイドルものだと嬉しいな…とストアで探していると「アイドリッシュセブン」というゲームを発見しました。 

 

バンナムが出してて、評価もよくて、キャラも良さそうだし声優さんも豪華。

Twitterでもおすすめしている方が多くて、とりあえずやってみよう!とはじめたら、ストーリーは泣けるし、キャラクターも魅力的だし、曲もアイドルらしくてさわやかでかっこいいし、ゲーム中サビに入ると映像になる演出にも感激し、毎日アプリを開いていました。

 

ランクは低いながらもイベに参加したり、押しキャラが引けなくて凹んだり、着実にゲームにはまっていきました。

アニメショップではアイナナコーナーを覗くようになっていたり、行き帰りに曲を聞くようになっていたり、Twitterでアイナナに関してつぶやく回数も増えていました。

 

 

ですがある時、NEVERまとめでアイドリッシュセブンパクリ疑惑の記事を発見。

え?とは思いましたが、確かに既視感があるなぁと思うことがあったため開いてみると、私の既視感をはっきりさせる内容が綴られていました。

 

現在は何個か記事が上がっていますが、一番初めのパクリ疑惑記事はこれはさすがにこじつけと言えるようなものも多くて、そのまとめを見て完全にパクリに納得したわけではありませんでした。

ですがそれ以降アイナナのキャラクターを見ると「確かに◯◯っぽいな…」やストーリーは「◯◯でも見たことある流れだな…」と思うことが増え、ちょっと引っかかるなぁと思うことが増えていきました。

 

 

そして迎えた1周年。ニコ生。

正直数か月前に見たパクリ疑惑なんて忘れていた私は、多くの発表に大興奮でした。

 

声優の皆さんはガヤガヤしながらもものすごく楽しそうで、代永さん大変そうだなぁとは思いながらもすごく面白かったです。

ペンライト、もし今後ライブとかになったら必需品だよなぁ、ほしいなぁ。予約してないけどちょっと待てば限定版買えたりするかなぁ? 

アニメ化!??私の推しがテレビで見れる!アニメのストーリーはゲームと同じなのかな?アニメオリジナルストーリーになるのかな?いつ放送だろう?

ライブやれるといいですね~とか言いながらも思いっきり意識してるでしょ!うわぁいつになるかなぁプリライと被るとやだなぁせめて来年の夏とか!

と頭はアイナナでいっぱいになりました。能天気。

 

そしてお祝いムードをもっと感じたくてツイッターで「アイナナ」と打つと、なぜか盛り上がりの中に「パクリ」の文字。

 

数か月前に見たあのまとめのことかな、いやでもあれこじつけっぽいしな。と否定の気持ちはありながらも検索をすると、キャラクター被りどころではない、数々の疑惑が挙がっていました。

 

はじめはなにこれひどいアンチ怖い!思考でしたが、

見ていくうちに擁護しきれなくなっていき、私の中で「ああこれは完全にアウトだ」と結論が出てしまいました。

 苦しくなって別のアカウントを作成しました。

 

アカウント作成で見えてくる疑惑や検証。多くの意見。 

どうにかしてほしくて書いた問い合わせに対して テンプレで返ってくる回答。返ってこない問い合わせ。

「アイドリッシュセブン」はゲームのタイトルで、七瀬くん達のグループはIDOLiSH7で、百と千のユニットはRe:valeなのに「アイドリッシュセブンをはじめとし、TRIGGERやRe:Vale」という救いようのない誤字。

構図パクとトレパクとグッズパクの疑惑増加。

登場キャラクターの名前に関する謎とそのキャラクターのよくわからない展開。

さんざん問い合わせを無視して浮かれたようにコラボの告知。

プロデューサーの意識の低さ。

お金に関する疑惑。

たくさん上がる疑惑のせいで、はじめ思っていた「キャラ設定はさすがにこじつけ」という望みも薄れていきました。

 

 

理解できないものがどんどん出てきて、毎日のように膨らむ、運営に対する憎悪と失望。

ものすごく苦しかったです。

 

 

 

リリースされているアプリゲームをプレイしてアイドルを応援していただけなのに、

多くの作品のファンを傷つけている事実を知り、加害者になったような気分になりました。いじめを直接はしていないけれど、見て見ぬふりをしている人物の気分

 

完全にアンチになりました。

はじめは「模倣は正してほしい」「運営は嫌いでもキャラは好き」くらいでしたが完全にアイドリッシュセブンのファン、ユーザーでいることに嫌気がしました。

 

 

何日も議論がされ、どんな意見の方も嫌になっていた状況でやっとでた公式の文。

吐き気がしました。涙が出ました。

何の根拠もなく「やってない」と書くだけで許されてしまう業界。

根拠のない言い訳。炎上の解決にはならない発表。 

多くの説明を求めていた人物に対する答えになっていない文。

何回読んでも理解ができませんでした。

作品に対する愛があることを主張したいのはあの文でわかりましたが、

運営が作品に対する愛がなさそうなことが原因の炎上ではありません。

 

このままアイドリッシュセブンは続くのでしょう。

あんなに似ているものが出ても当たり前な業界みたいです。

他作品でアイナナ声優さんの声を聞くたびに今回の事を思い出します。

アニメグッズのショップやゲームセンターにいけばアイナナのグッズが目に入ります。

アイナナのグッズを嬉しそうに手に取る人物に出会います。

街に巨大な広告が出たりトレーラーが走り出したりします。

ゲームに既視感のあるツールがまた追加されるでしょう。

2次元男性アイドル業界にはアイドリッシュセブンしかいないわけじゃない。

アイドリッシュセブンが続けばなんでも良いわけではない。

あんなに似ていて、疑問を感じた社員はいないのか。

バンダイナムコの他作品純粋に作品を楽しむことはできないだろうな。

いくら自分からアイドリッシュセブンは見ないようにしようと思っても

なくならない限り、一生視界に入れないなんて無理なことです。

娯楽にこんなに苦しめられるなんて。

 

パクリであるか、そうでないかは別としても事実、アイナナが展開しているものの多くが何かや誰かと被っています。新しく生み出したものなんて少なくとも私にはつけられませんでした。

 

 

今の二次元男性アイドルブームを巻き起こした作品。

運営やプロデューサーに深く愛され、大きなアイドルコンテンツになった作品。

男性アイドルブームには乗りながらも、独自のゲーム内容、キャラクター設定、ストーリー、コンセプトを考え、他アイドルとの差別化をはかったアイドル作品たち。

その他の「キャラクター」を第一に考え、作られ、愛されている作品たち。

そしてそれらを作った制作の方々。 

 

すべてを踏みにじるアイドリッシュセブンが私は許せません。

元からあるものをほんの少し作り替えただけ、オリジナリティなんてほぼなし。

パクリの事実はない、事実だとしても法的には問題ないと主張されても、

多くの方に不審に思われてしまうような作品が存在していること自体理解できません。

 

業界に詳しくないためトレース検証は真偽はわかりませんし、構図を真似することはよくあることなのかもしれませんが、

多くの作品でオリジナル絵が発表されているなか、ここまで被ってしまうことと被っているのにオリジナリティと言い張る運営には呆れてしまいました。

 

アイドリッシュセブンに関わってしまったことに後悔しかありません。

私がしっかり調べていれば、大好きな彼らを傷つけるようなことはしなかったのに。

せめてあのまとめを見た時点でやめておけばよかった。本当にごめんなさい。

なんであんな作品に少しでも惹かれてしまったんだろう。

 

他人の好きを否定する気にはなりませんが、でも私はアイドリッシュセブンが大っ嫌いです。

アイドリッシュセブンが好きだった時の私も大っ嫌いです。

少なくともプロデューサーのお二人が関わった作品には触れたくありません。

こんなにひどい作品はもう二度と私の前に現れないでください。

 

正直あの謝罪文ですべてが解決するとは思いません。

発表があったことで多少は収まるのかもしれませんが、それでも嫌悪やdisがゼロになるとは思えません。

 

疑惑に関する問い合わせは多数寄せられたと思いますが、

今回発表された内容はあくまでも「公式はこう思っているよ、不安にさせてごめんね」程度の文で、説明がないものや説明になってないものが多くありますし、ひとつひとつ潔白を証明する証拠を出して「論破」がない限り、沈下は難しいと思いました。

 

こんなにもたくさんの敵を作った作品が今後どうなるかは私にはわかりませんが、今後またオリジナリティが感じられないイラスト諸々がアイナナから出ないことを願います。

 

あーなんだこの作品。ほんとやんなきゃよかった。